披露宴_IMG

結婚披露宴でのブーケトスは普通

誰もが夢見る結婚式や結婚披露宴。
実際に考えるようになる前まではいろいろ想像して楽しいものですが、いざ自分たちがその式や披露宴について調べてみると、思っていた以上の困難が待ち受けているものです。
 私が経験した悩みは時間です。
新郎側の出席者が少なく、友達もほとんど出席しなかった披露宴では、盛り上がらないだろうということが安易に予想されました。
どんなことをしたらいいのか当時のプランナーの方に相談しましたが、出してくれる案はどれもお金がかかり、また、大掛かりなものが多かったため自分たちの式には合いそうにもないものばかりでした。
たとえば和太鼓の演奏や、有名人を呼んでの余興など、どれも自分たちの望んでいるものではありませんでした。
 そんな中で唯一できそうかなと思えたのがブーケトスです。
花嫁が自分の持っていたブーケを未婚女性たちの後ろ向きに立ち、ブーケを投げるというものです。
 幸い、新婦側には友人が出席予定でいましたし、友人たちが集まってワイワイするのは時間もかかるし、盛り上がりますよと助言もいただきました。
 そこで、自分たちの式のなかにもブーケトスをするという内容を入れたのです。
 当日、ブーケをもらいたいという未婚女性が幸いにも何人かいたため、ブーケトスは盛り上がり、披露宴自体も楽しく行うことができました。
今ではケーキを使ったファーストバイトなど、もっと盛り上がりそうなものがたくさん出てきているので、内容に心配することはないのかもしれませんが、当時は盛り上がらせるのにたいへんな苦労をしたような気がします。


さて、新婦が投げるブーケのことをブーケトスといいますが、今ではそれと同じような内容ができるように、新郎ができるアフロブーケというものがでてきました。
ブーケのように見えるその内容は、実は頭にかぶることのできるアフロなかぶりものがセットされているのです。
これをネットで見つけた時にはびっくりしてしまいましたが、以外にも人気があります。
使ってみた人は結婚披露宴で男の人が争って受け取っていましたと書いてあったり、結婚式の二次会で友達同士で楽しんで使ったなどの書き込みがあり、とても盛り上がっているようです。
結婚披露宴は女性のものという従来の考え方ではなく、男性も積極的に参加し、むしろ女性よりも自分たちが盛り上がりたいと思っているのかもしれません。
アフロのかぶりものをゲットした人はそのまま、式のあいだじゅうそれをかぶって参加する人までいるらしいです。
写真を撮ったり、ビデオを撮ったりと、楽しんでいるようです。
今まではブーケトスは女性だけの参加内容だったのですが、アフロトスをすることにより、女性も男性も参加できる、楽しめる内容に変わってきているようです。
 最近の結婚式や結婚披露宴の特徴は、従来のような形式的なものが減ってきて、自分たちの納得できるように、内容もずいぶん変わってきていると思います。
ブーケトスやアフロトスがその内容を変えてきているように、昔からの結婚披露宴自体がこれから形を変えていこうとしているのかもしれません。
おいしい料理やサプライズ演出。これからの結婚はたのしいがいっぱいのような気がします。

MENU